2008年02月20日

北前堀緑地で漁師町の名残を見る

北前堀緑地
QTVRアップしました。ムービーはこちらです。
上記リンクでご覧になれない方はこちらから

北前堀緑地
↑ここで撮影


ここ東糀谷から羽田一帯にかけては、かつてはいわゆる低湿地だったと言われていました。そのため、大雨の後などは、浸水被害も多かったと言われています。さらに、その地形のため、なかなか水が引かないという住民泣かせのロケーションでした。その解決策として、海に水を流すための運河が何本か掘られています。昭和初期に掘られた北前堀もそのひとつです。その北前堀も、下水道の完備と近代的なポンプ所の設置で、排水堀としての使命を終え埋め立てられました。その埋め立て後に、海側の一部区間が緑道公園として残されています。それが、この公園です。

さて、糀谷から羽田にかけては、今は工場地帯としての知名度が高くなっていますが、かつて漁師町としても栄えた所です。江戸前の新鮮な魚介が、この付近から水揚げされていました。海沿いに行けば、今でも漁船の姿を眼にすることが出来ます。そんな漁師町の証を、この公園内に見ることができました。糀谷浦海苔漁業発祥の地と銘打たれた小さなモニュメントがそれです。注意していないと見落とすような小さなものでした。でも、とても印象的なモニュメント。そう感じたので、ここで回すことにしたのです。
posted by miura_rt at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作/公開
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11143790

この記事へのトラックバック