2008年12月26日

Pentax K100D Super使う

K100D
1年ほど前にペンタックスのK100Dスーパーと10-17mm魚眼ズームをなかば衝動買いしちゃってます。今年の正月明けにQTVR撮影のための視差チェック撮影を済ませました。ところが、それ以来K100Dと魚眼ズームがパノラマ雲台に乗ることはなかったのです。視差チェック用のカットもハードディスクに眠ったままです。放置していました。

K100DはKissX2とうまく使い分けができていて、スナップ撮影で大活躍しています。魚眼ズームの方も使っています。でも、やっぱこのレンズでQTVRやりたい。何と言っても、このセットは小さくて軽い。それを生かしたいのです。てなわけで、昨冬撮影の視差チェック用のカットとその時のメモを取り出します。でも、予想通りというか、ほぼ1年前のそれはわけわかりません。結局やり直しです。

12mm
で、思いました。せっかくのズームレンズです。ワイ端の10mmで撮るだけじゃ芸がない。テレ側にズームした位置を探そう、と。ただ、譲れないのは、多段撮影はしない(天地は別ね)ということ。マルチロー撮影なら、キヤノンのセットがあります。わざわざ、魚眼ズーム使う意味ありません。てなわけで、見つけたポジションは12mm。たった2mmですが、魚眼ズームでの2mmの差って、結構大きいのです。

さて、ここまでのセッティングは303SPHでやりました。でも、この軽量コンパクトを生かすためには、やっぱりノーダルニンジャとのカップリングに限ります。重い雲台でK100D使う気はありません。で、ノーダルニンジャ3を引っ張り出したら、おやおや問題発覚です。

引っかかる
ご覧のようにこのレンズだと、ノーダルニンジャ3で真上の位置までカメラは回せません。やっぱりと最初は落胆して、垂直アームに下駄を履かせようかと思ったのです。でもでも、考えてみればトップの90度はどうでもいいことでした。テレ側にズームしているとはいえ、画角の広いダイアゴナルフィッシュアイ。水平0度でカバーできない部分を撮影できればいいわけです。このポジションならお釣りが来ちゃいます。めでたくノーダルニンジャとのカップリング成立です。

少し前に、K100Dを持って奥多摩の方をブラブラして来ました。その帰り道に、このセットでQTVRを撮影です。初の実戦ですけど、撮ったのはたったの1ムービー。早速後悔じゃなかった、公開いたします。
posted by miura_rt at 00:41| Comment(0) | TrackBack(1) | ハードウェア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24766769

この記事へのトラックバック

フランクリンプランナー
Excerpt: 新世代のタイム・マネジメント・ツールがあります。それが「フランクリンプランナー」というツールで、あなたの人生を効果的に送るために開発されたツールになっています。
Weblog: フランクリンプランナー
Tracked: 2008-12-29 01:47