2009年05月08日

アプトの道遊歩道 重要文化財旧丸山変電所

丸山変電所
QTVRアップしました。ムービーはこちらです。
上記リンクでご覧になれない方はこちらから

旧丸山変電所
↑ここで撮影


長い長い直線区間は、旧丸山変電所で終わりを告げます。さて、旧下り本線はまだレールがそのままになっています。土休日とハイシーズンには、トロッコ列車と命名された観光列車が運行されているからです。架線も撤去されていません。でも、電気は流れていません。撤去されていないというのは嬉しい反面、QTVRというかステッチする身にはもの凄くブルーになるわけで、微妙です。丸山変電所跡には、そのトロッコ列車用のホームも作られています。

変電所内部丸山変電所は、1911(明治45)年から使用が始まった、アプト式時代の遺構です。アプト式での運行での電力使用量は、非常に大きなものだったといわれています。変電所は新線建設と共にその役目を終えますが、その後荒れるにまかせて廃墟同然になります。2002(平成14)年修復工事が完成し、国の重要文化財に指定されました。外観はきれいになりましたが、内部(非公開)はこんな感じです。ガラス窓にレンズを押しつけて撮りました。
posted by miura_rt at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作/公開
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28970289
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック