2009年10月07日

東荒川ダム 下から見上げる堤体
(栃木県塩谷町)

東荒川ダム下
QTVRアップしました。ムービーはこちらです。
上記リンクでご覧になれない方はこちらから

ダムの脇を走る県道を少し上流側に走ります。尚仁沢水源の森と呼ばれる園地のある場所から、ダム直下に向かう管理道路に入ります。この道は、途中から車両通行禁止。立派なゲートのある場所から、MTBで走ったら楽しそうな未舗装路を歩きます。およそ10分ほどでダム下に到着です。ダム近くだけ、きれいに舗装されていました。

ここから見る堤体は、ズラリと並ぶ自然越流式の非常用洪水吐けが特徴的です。堤高の割には存在感のある堤体という印象を持ちました。堤体中央には常用洪水吐けがありますが、最近の放流を物語るように、堤体の色が変わっています。誰もいない、誰も来ない場所で、ゆっくりと回しました。
posted by miura_rt at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作/公開
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32721203
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック