2009年12月05日

勝沼ぶどう郷駅甚六公園のEF64
(山梨県甲州市)

EF64
QTVRアップしました。ムービーはこちらです。
上記リンクでご覧になれない方はこちらから

勝沼ぶどう郷駅から、大日影トンネル遊歩道へ向かうと、このEF64の前を通ります。このEF64 18号機は1966年製造されたいわゆる2次量産車。当時の甲府機関区に新製配置され、中央線や篠ノ井線で活躍。車籍はJR貨物に移管され廃車になったものを、甲州市が譲り受けたものです。展示に当たっては、廃車当時のJR貨物標準色から国鉄直流機の標準塗装に戻されました。

勝沼ぶどう郷駅がスイッチバックの勝沼駅だった頃の、ホームがあったあたりにこのEF64は展示されています。昨日公開したスイッチバック引き込み線跡は、ここの完全な延長線上にあります。展示状態は非常に良好。悪戯されたような跡もなくピカピカ。この状態を保ち続けてほしいと願います。このEF64が置かれた辺りは、甚六公園と呼ばれていて、付近のサクラの名所にもなっているようです。ちなみに、鉄道遺産記念公園というのが整備中だという話も聞いたのですが、ここのことかな?。
posted by miura_rt at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作/公開
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34017649
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック