2009年12月18日

余地ダム 管理用道路から堤体を眺める
(長野県佐久穂町)

余地ダム下から
QTVRアップしました。ムービーはこちらです。
上記リンクでご覧になれない方はこちらから

長野のダムにやってきました。訪れたのはふたつの中規模ダム。まずは、余地(よじ)ダムです。長野県ということで、中央分水嶺の日本海側のダムということになります。作られたのは、信濃川水系千曲川支流の余地川。すぐ東が群馬県境となる狭い谷間に作られたダムです。まずは、ダムを下から眺めようと、管理道路に向かいました。

舗装された林道という風情の狭い道を走ると、ダムが見える場所で立ち入り禁止。簡素なチェーンのゲートのすぐ手前で撮影することにします。ところどころに雪が付いている堤体は、端正という言葉で表現していいスタイル。さすがに平成生まれのダムだけあって、無骨さはありません。冬の青空をバックにしたその姿を見ていたら、やはりもっと近づきたいと思ったのでした。
posted by miura_rt at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作/公開
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34273747
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック