2010年01月08日

殿ヶ谷戸庭園 紅葉亭の前で崖線を実感する
(東京都国分寺市)

殿ヶ谷戸紅葉亭
QTVRアップしました。ムービーはこちらです。
上記リンクでご覧になれない方はこちらから

決して広くはない殿ヶ谷戸庭園の東側にあるのが、紅葉亭です。こうした和式庭園には、句会や茶会で利用できるレンタルスペースがあるのが常ですが、それがこの紅葉亭です。利用者がない日でしたので、入口近くの石段で回すことしました。太陽の方向は、急傾斜の崖になっています。

この一帯は武蔵野台地と呼ばれる場所ですが、古多摩川によって作られた河岸段丘が今でも残っています。段丘の段差は場所にもよりますが数メートルで、崖といってもいい高さです。これが、タイトルに書いた崖線、国分寺崖線です。庭園の中で崖線を実感できるというのは、貴重だと思います。実際、崖線の植生などもそのままこの園内に保存されているということです。
posted by miura_rt at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作/公開
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34615660
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック