2010年03月17日

塩沢ダム 雪が残る天端で撮影
(群馬県神流町)

塩沢ダム天端
QTVRアップしました。ムービーはこちらです。
上記リンクでご覧になれない方はこちらから

竣工記念碑塩沢ダムは、1995(平成7)年竣工の比較的新しいダムです。利根川水系の塩沢川を堰き止めています。群馬県が所有する多目的ダムで、万場町の治水や利水が主な目的です。ダム形式は重力式コンクリート。堤高38.0m、堤長157.0mの小さなダムです。堤高の割には堤頂長が長いダムといっていいでしよう。天端標高は543m。山深い印象はありませんが、里がすぐ近くという感覚も稀薄という不思議な雰囲気を持っています。

撮影した数日前に、日本列島は春の嵐に見舞われました。関東北部は、かなりの積雪を見ています。その名残の雪が、天端の日影側に残っていました。ダムサイト左岸側には管理施設がありますが、白壁に瓦の屋根、随分と凝った造りです。土産物屋のようなルックスです。天端にあるゲート小屋も同様の佇まい。機能一点張りという造りがダムには似合いますが、こういうのも全然OKです。
posted by miura_rt at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作/公開
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36445959
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック