2010年08月29日

草木ダム 右岸の園地から堤体を眺める
(群馬県みどり市)

草木右岸ダムサイト
QTVRアップしました。ムービーはこちらです。
上記リンクでご覧になれない方はこちらから

草木ダムの右岸ダムサイトの下流側の園地にある、大理石のベンチの上に乗っかって撮影です。こちらは、堤体の姿を真横からのぞめる場所です。上部が白い黒っぽいコンクリートの堤体。草木ダムの特徴的なルックスがよくわかる場所であります。この日は放流していませんでしたが、かつて訪れた時に見たクレストゲートからの放流は、そりゃ迫力ものでした。

草木ダムは、1947(昭和22)年のカスリーン台風による利根川の水害対策として、建設が計画されました。いわゆる利根川水系8ダムのひとつです。草木ダムのある渡良瀬川の上流には、かつて鉱毒事件で有名な足尾銅山があります。この鉱毒で山の木が枯れ保水能力がなくなり、降雨から増水まで時間が掛からないというのが渡良瀬川の特異性だそうです。大型ダムが必要だったと解説されていました。
posted by miura_rt at 00:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 制作/公開
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40413141
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ケノーベルからリンクのご案内(2010/08/29 09:05)
Excerpt: みどり市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
Weblog: ケノーベル エージェント
Tracked: 2010-08-29 09:05