2007年06月08日

AdobeCS3の発表会に行ってきた

即買いを既に決めているPhotoshopに関しては、色々なメディアで取り上げてきているし実際デモも見ている。情報がまったくない状態で見たわけではなかったけど、色々とおもしろそうな機能が盛り込まれているのでニンマリ。普通の写真を扱ったり、仕事で使える機能はもちろんチェック済みだが、こっちのブログで書くからには、もちろんQTVRのオーサリングで使えそうな機能のことである。詳しいツールの名前とか覚えていないものもあるけれど(てか覚えようとしていない。だって即買いするからそれでいいもん)、幽霊発生率をコントロールできるんじゃないかとか、複雑な文様のタイル貼り路面のステッチのほころびを楽に修正できるんじゃないかとか…ってふたつかよ。そうそう、写真の修整というより最早お絵かきに近いけど、バニッシング・ポイントが強化されているのも、結構武器になりそう。

とはいえデモを見てそう感じたわけで、実際使って見ないとわからないものもある。かつて、Photomergeに過大な期待を持っちゃったことがあるから、ちょっぴり斜に構えている自分もいたりするが、ステッチ後のレタッチは間違いなく、CS3の方がやりやすいはず。ただ、マシンパワーを要求しそうな印象があったのは事実。必要システム構成には、メモリ容量とかは載っているけど、クロック周波数が書いてない。デモで使ってたマシンは、8GB積んだMacPro。どうか、僕のマシンでも快適に動いてくれますように。
posted by miura_rt at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4296782

この記事へのトラックバック