2011年10月22日

大川ダム ダム管理棟を背にして若郷湖を眺める
(福島県会津若松市)

大川ダム右岸ダムサイト
QTVRアップしました。ムービーはこちらです。
上記リンクでご覧になれない方はこちらから

大川ダム資料館右岸にやって来ました。ここには、国交省のダム管理棟が建ちます。その傍らには、大川ダム資料館があります。大川ダムは、国交省のダムでありながら、電源開発の下郷発電所の下池でもあることは何度も書きました。貯水池の容量配分では治水と揚水発電で重複部分があるため、複雑な貯水池運用が必要とされているようです。

このダムは重力式コンクリートダムですが、弱い地盤に対応するために右岸部をロックフィルで構築しているコンバインダム構造です。この位置から見ると、ロックフィル部分がよくわかります。重力式コンクリート部分から天端に勾配が付けられています。地形の関係でこのような構造になったわけですが、とてもおもしろいルックスでした。
posted by miura_rt at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作/公開
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49163940
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック