2011年11月29日

滝沢ダム 一般開放された監査廊で撮影する
(埼玉県秩父市)

滝沢ダム監査廊
QTVRアップしました。ムービーはこちらです。
上記リンクでご覧になれない方はこちらから

滝沢ダムは開かれたダムといっていいでしょう。堤体直下に近づけます。減勢工の橋が渡れます。堤体脇の階段の通行が認められています。そして、堤体内のエレベーターに乗って、天端と堤体下を行き来できます。このパノラマは、堤体内の監査廊で撮影したものです。

監査廊。何やらいかめしい名前ですが、要はダム堤体内部に設置された通路のこと。堤体内の廊下です。エレベーターから出口までの間の廊下です。ダムができるまでの定点撮影のパネルや、周辺の自然環境を紹介するパネルが展示されていました。
posted by miura_rt at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作/公開
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51167498
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック