2011年12月05日

二瀬ダム 展望台に向かう階段の途中で
(埼玉県秩父市)

二瀬ダム堤体俯瞰
QTVRアップしました。ムービーはこちらです。
上記リンクでご覧になれない方はこちらから

左岸のダムサイトには、展望台が作られています。そこに向かう歩道の途中で回しました。二瀬ダムは、荒川本流を堰き止めるために1961(昭和36)年に建設されました。きれいな弧を描く重力式アーチコンクリートダムです。重力式コンクリートダムの特徴も持つアーチダムで、国内では12基しかない珍しい形式です。堤高は95m、堤頂長288.5m。洪水調整、灌漑、発電に使われる多目的ダム。ダム湖の名前は秩父湖です。

管理棟とさて、交互一方通行のトンネル内部で、国道140号から県道が分岐します。その県道が天端を通り上流へと向かうのですが、恐ろしく狭いスペースに管理事務所のビルが建っています。トンネル脇の新道はこの事務所棟が立ち退かない限り、開通できないという位置関係。道路のほとんどはできているのですが、別の場所に建設中のダム管理事務所に完成しなければ、どうにもならないのが上の写真でもわかるはずです。
posted by miura_rt at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作/公開
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51378164
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック