2007年08月25日

StitcherUnlimited

さっき届いたRealvizからのメールで、「StitcherUnlimitedに日本語版がでたよ」って載っていました。なんだ、今発表かい、そんな感じです。というのは、2日前Unlimited5.6をちょっと試したくなってダウンロードしようと思ったら、すでに日本語版があったのです。「へぇ〜、いつ出たのかしらん」って思いながら、ダウンロードしてみたら…キモい。なんじゃこの日本語って感じ。英語版に慣れちゃっているからかも知れませんが、そんな無理に訳さなくてもいいでしょ、日本語になっていないよ、のオンパレード。僕はこんなのいらないなぁ、そう思って英語版をダウンロードし直しました。今までStitcherファミリーにまったく触れたことがない人ならば、日本語版で始めるのもいいかも知れませんが、英語版に慣れちゃった人は日本語版をわざわざ使うこともないんじゃないってのが、正直な感想です。しっかし、5.6のスピードに驚いています。EX2.0で2時間掛かるレンダリングが10分で終わっちゃうんだもん。ユニバーサルアプリだから、当然といえば当然か。でもなんでForceStitchなくなってるんだ。結構便利だったのに。
ところで、パノラマに不可欠な作業のステッチ。この言葉は無理に訳されていませんでした。ソフト名にもなっている言葉だから、いぢりたくなかったのかな。そう言えば、ステッチって言葉、的確な日本語訳の言葉ってありませんよね。洋裁用語にもステッチってありますが、随分前に洋裁学校に勤める知り合いに、日本語で言うとどうなるのって聞いたことがあります。その時の彼女の答えは、言葉じゃなくて文章でした。だから、無理して訳すことないんだな。わからない人から聞かれたら、文章で説明すりゃいいんだ。やっぱり言葉っておもしろいんだな、なんて僕の思考対象は変な方向にずれていきました。
posted by miura_rt at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5196927

この記事へのトラックバック