2011年12月16日

レベリングベース再び

マジックバランス
現在パノラマ雲台の水平だしには、自由雲台を使っています。かつては、マンフロットのレベリングベース438を使っていましたが、使いづらいし重いので止めちゃいました。でも、最近またレベリングベースを使いたくなったのです。きっかけは、ジッツオの三脚GT2531LVL。センターポールにレベリング機構が便利です。

現在使っている主力パノラマヘッドのメーカー、ノボフレックスはマジックバランスというモデルを出しています。どうせ買うならこれがいいと思っています。以前に実機をいじった感触は良かったし、軽量に作られています。でも、冗談でしょってくらいに高価。決断できません。

マジックバランス+VRU
こんなもん絶対に中古品は出ないだろうと思っていました。そしたら、中古品が見つかったのです。しかも、あまり使ってなかったようでピッカピカ。動作は問題なし。スムースそのもの。購入です。ところが家に帰って、三脚に付けてみたら、とんでもない問題が発覚。正直言って参りました。使用不能です。慌てて対策パーツを探して使えるようにしました。あまりにも口惜しいので、詳細書くの止めちゃいます。残堀川の撮影から実戦投入しました。
posted by miura_rt at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ハードウェア
この記事へのコメント
うわ〜、
Leveling Base "MagicBalance"を持ってる人、
初めて見ました。

使い勝手はどうですか?
…って、使い物にならなかったんですね。
直輸入だったら€ 149,00なんですけどねぇ。
http://www.novoflex.com/en/products/camera-support-systems/ball-heads/magicbalance/
(でもボクは、Fanotecのレベラーで充分なので)
Posted by にのみや@QTVRDiary at 2011年12月19日 10:19
にのみや さん、お久しぶりです。

使い物にならん、という理由は底面の三脚取り付けねじ穴が、とてつもなく浅いという点でした。ジッツオの2型と3型の現行のディスクで1mm、ベルボンの740で3mm隙間ができます。これではレベリングベースとその上の重量を全てネジだけで受け止めることになります。これじゃ、使えません。

てなわけで、スペーサーを挟みました。ま、これで一応は解決。今では問題なく使えています。使用感は上々です。以前使っていたマンフの438とは次元が違うといったところでしょうか。滑りが良くてピタリと止まる。ありきたりな表現ですが、そんな感じです。
Posted by miura_rt at 2011年12月19日 12:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52020327
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック