2011年12月21日

国営昭和記念公園 廃な煙突と遊歩道
(東京都立川市)

昭和記念公園煙突と
QTVRアップしました。ムービーはこちらです。
上記リンクでご覧になれない方はこちらから

昭和記念公園は、戦後米軍に接収され立川基地場跡地に整備されています。基地の全面返還を受けて、公園を始め様々な施設が作られました。ただ留保地、つまり手つかずの場所もあります。それが、残堀川右岸です。一般の立ち入りも禁止。廃墟となった工場の煙突が目立ちます。

この付近の残堀川は、南北方向に定規で線を引いたようにまっすぐ流れます。河川改修工事によって生まれた河道です。ところが、昭和中期の改修工事では、流域の多くの場所で関東ロームの表層を必要以上に掘り下げてしまい、浸透性の礫層まで下げてしまいました。とってもずさんな工事です。この結果、残堀川は伏流しやすくなり、瀬切れが各所でみられるようになっちゃったのです。撮影した辺りも瀬切れで河道に水がありませんでした。
posted by miura_rt at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作/公開
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52185960
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック